上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
プレイング向上に最も大切なこと。
それは手札ぱちぱちでも、ブラフでもありません。


ずばり、相手の出してくるであろうカードを先読みする。
ということではないでしょうか?
今回からは、そんな要注意カード(要注意ポケモンみたいですねw)を
色別に考察していきたいと思います。


こいつも注意が必要だよ!
っていうものもありましたら、コメントお願いします。



それでは以下続きを読む↓

今日はでいきましょう。

①砲竜バル・ガンナー
コストの関係上先攻3ターン目ではブレイブ出来ない為、
それほど早くはないが、4000破壊とドローはやはり強力。
BPの上がり幅は2000と決して高くは無いが、低くも無い。
4コストで赤という色の為、メインが赤でないデッキでも採用されることに注意したい。
(というより赤以外に採用されることが多いかもしれない)
特に緑のデッキにはほぼ採用されていると見てもいいだろう。
後攻、ミツジャラシor火縄ザルからのバルガンナーはもはや定石。
先攻、メイパロットからのフェニックと共に注意したほうがいいかもしれません。

②シュリケラプトル
先攻こいつ、からのペンドラ、フェニックは脅威。
灼熱の谷などでBP調整が可能のため、安心はできないところがつらい。
同系対決は、後だしが有利であることは言うまでも無い。

③砲凰竜フェニック・キャノン
問答無用の4000以下除去。ついでにネクサスも割ってくる。
激突を付加する能力もそれなりに強いため注意が必要でしょう。
上記の通り、先攻3ターン目で出てくる確率があるカード。
後攻2ターン目でネクサス+スピリットや、スピリット×2をするときには要注意。
というよりフェニックが出てくると思ったらそんなプレイングはしないほうが吉。

④太陽龍ジーク・アポロドラゴン
少し重いが、やはりブレイヴ時効果は強力。
赤青の場合は高確率で採用されている。(今はそうじゃないかもしれない)
特に注意すべきは、初心者もかなりの高確率で持っているということ。
ガンディノスや、北斗アポロと違い、簡単に入手できるのが要因。

⑤凶竜爆神ガンディノス
最近影が薄くなりつつあるが、やはり最強カードの一角。
最高3点パンチに加え、3体除去、高BPと見事に3拍子揃っている。
灼熱の谷や、俊星流れるコロッセオなどを張ってきたらほぼ間違いなくガンディと思っていいだろう。
その場合はコア計算し、1ターンでも召喚を遅らせるプレイングを心掛けたい。
BP5000以下のスピリットを残さないようにすることも重要。

⑥リザドエッジ
召喚のお供。
こいつのせいで計算が狂うこともしばしばあり、
最悪スピリットなので最低限の働きはする。エルギニアスも同様である。

⑦火星神龍アレス・ドラグーン
エクストラターンをもたらすカード。
正直普通に組むならばガンディノスのほうが強いためあまり見かけないが、
専用デッキを使ってくるならば注意が必要。
サイレント、ブリザードウォールを実質無効化してくるため、
対策としては高BPの壁を立てておくことだろう。
BP最大値が7000と低めなので、どうにかなりそう。

⑧北斗アポロドラゴン
灼熱の谷からの最速アポロは脅威の一言。
大抵ペンドラゴン、フェニック、バルガンナー、ケルベなどを引き連れてくる。
バル・ガンナー、ペンドラゴンなら除去&2ドロー
ケルベロードならば最大4打点と意味不明な高スペックカードとなる。
紫ならばコアの薄いところをつくことも出来るが、それ以外の色では難しい。
6コスト3軽減の為、いつ出てきてもおかしくない軽さなのが一番の脅威。



以上。
注意すべき赤のフィニッシャーは
ガンディ、アポロ、北斗、アレス、(……ガイアスラ)だ!
赤はBP6000がボーダーライン!
ブレイヴでBPを上げて猛攻を凌ごう!
スポンサーサイト

2010.12.15 Wed l バトスピ雑談 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://battlespirits7.blog115.fc2.com/tb.php/153-6f2aac15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。