上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
みなさん御機嫌よう、僕ですB.Ballです、こんばんわ。
お気づきの方も多いとは思いますが、この度ブログのテンプレートを変更させて頂きました。オレンジを基調とした落ち着いたブログ。ここを一日の疲れを癒すための憩いの場にして頂ければ幸いです。


オレンジは充実感やエネルギーを呼び起こす色とされ、
面白いことや楽しいことを予感させる色であるとのこと。
そんなオレンジ色の期待を裏切らない楽しいブログにしていければいいですね^^
そういえば、バトスピでも赤と黄色の混色デッキのことをを『オレンジデッキ』と呼んだり呼ばなかったり………
いや、呼びませんよね(←うん。


ちなみに赤緑の混色デッキの事を『ステロイド』
赤と青の混色デッキは『イゼット』
白と緑のは『セレズニア』
白青を『アゾリウス』


などと呼ぶそうな~(もっと知りたい方はMTGのWIKIをチェックだ!)


『【ステロイドビート】ってなんのことだろう?』
と、疑問に思っていた方はこれで一つ謎が解けましたね。




そうです。解けない謎なんてこの世には存在し得ないのです。




ということで、今回のはバトスピ七不思議の一つである【弱すぎるディラノス】の謎についてのお話を少しだけさせて頂くことに致しました。
皆さんも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?
『ディラノス弱すぎじゃね?』と


それでは


↓続きを読むで↓
 赤の世界、ある晴れた日の荒野、そこには、ぽつんと一体のスピリットが佇んでいる。
彼の名は【暴双龍ディラノス】。いや、彼と言う表現は誤りだ。正しくは’彼ら’だろう。
そこには彼ら以外のスピリットの姿は見られない。

しかし、彼らの眼前には無数のスピリット達の亡骸が無残にも横たわっている。
そのスピリット達の死因は、どれもが【暴双龍】の凶牙によるものだった。



 一人きり。

 荒野。

 ただ一人きりで居るにはそこはあまりにも広すぎる。
 彼らは他のスピリットと共存するにはいくらか強すぎたのだ。



「俺たちは間違っていたのだろうか」
 上部の顎がゆっくりとそう呟いた。もちろん周囲には語りかけるスピリットなどいやしない。
「いや、わからない、俺たちは間違っていたのかもしれないし、そうではないかもしれない」
下部の顎は静かにそう答える。答えにならない回答を言っていることは承知の上だ。


 荒野を無意味に照らすルビーの太陽。遠くに見える決闘台地にはうっすらと陽炎がかかっている。


「強さを求めることに俺たちは疑いを持たなかった。それが世界の心理だと信じていたはずだっ!」


上顎がそう声を荒げる。誰に叩きつけるでもない虚しさという感情の塊をその言葉と共に吐き捨てた。

「ああ。そうだ………しかし」




「強さの先には何もなかった!」
 下顎の返事よりも早く、上顎はそう言い放った。




「ああ。………その通りだ」
「…………………」
「俺たちは強すぎたんだ………そうだろ相棒?」
「…………………」
「行き過ぎた力は、何も生み出しはしない………」
「…………………」
「ならばいっそのこと………」




ぐおぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!!!!!!!!





ディラノスは自分自身の足の腱を食い千切る。
鮮血がまるで聖なる命の泉の噴水のように噴き上がる。


強烈な痛みが彼らを襲ったが、それでも二つの頭は満足そうな表情を浮かべている。


『弱くなれる』


そのことが嬉しくてたまらなかった。
きっとまたみんなと語り合える。きっとまたみんなと笑いあえる。きっと……………
霞みゆく視界の中、確かにディラノスは微笑んだ。



































そして彼らは後悔した。
きっと今も後悔している。













~あとがき~
中二病乙

ちなみに昔のスペック



スピリット
5(15)/赤/地竜・勇傑
<1>Lv1 7000 <3>Lv2 12000 <4>Lv3 20000
【強襲:5】『このスピリットのアタック時』
このスピリットは、ターン中に5回まで、
自分のネクサス1つを疲労させることで回復できる。
Lv2・Lv3
このスピリットは対象になりづらい。
Lv3
【滅殺:6】『このスピリットのアタック時』
相手は相手のパーマネントを6つ生贄に捧げる。

シンボル:赤赤
イラスト:田嶋 有紀

フレーバーテキスト:
ディラノース覚醒!
スポンサーサイト

2010.07.05 Mon l バトスピ雑談 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
ほんとにね、これさえなければ文才もあるのにね
・・・・・・はあー・・・・・これが君が君故なのだろうね

とりあえずこれからも信念を貫き通せ!!

私達は君を信じてるから。がんばれ!!
2010.07.05 Mon l ダークアッタン. URL l 編集
No title
>>Dアッタンさん

信念を貫き通す。
この言葉を胸に今日もネタ日記(言っちゃった)を書いていきたいと思います。




目指せ!!!ポンポンさん2号!!!
2010.07.06 Tue l B.Ball. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://battlespirits7.blog115.fc2.com/tb.php/55-313875e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。