上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

カードゲーマーはオタクか否か。
そんなふとした疑問がB.Ballの中から湧きあがり、Google検索させるまでに至った。


そこで私が感じたものは?
以下続きより↓



まず今日B.Ballが至った結論。
それはカードゲーマーはオタクだということ。
僕はそれを否定しない。

オタクというものが
①こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす者
②「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える者
(WIKIより一部抜粋)

と定義されるならば、なおさらだ。
ちなみに僕は①のタイプにも②のタイプにも分類される、生粋のTCGオタクだ。
それは間違いない。うん。


ここで問題になってくるのはオタクと言うものが悪か否かということだろう。


アニメオタクは気持ち悪いからNG
ゲームオタクはネクラな奴らが多いからNG
カードゲームオタクは怖い人が多いからNG
臭い、嫌味、根暗、排他的、etc.

これらの感情は嫌悪感を抱くには十分過ぎるほど。
なぜだ?
なぜこんなイメージが社会的に認知されてしまったのだろうか?





クレイオ 「マスター、なに考え込んでんですか?バァカwww」


ボール 「クレイオ、黙ってろ、今真剣に考えてんだ」


クレイオ 「しょーがないですねー、私がオタクというものの真理を教えてあげましょうか?」


ボール 「貴様になにが解るというのだ、萌えカードのくせに………」


クレイオ 「例えばキムタクがアクエリアンエイジやってたとします」


ボール 「ふん。何を言い出すかと思えば………そんなことはありえん」


クレイオ 「キモいと思いますか?」


ボール 「萌えカードゲームやってんだ、そりゃあキモっ………」


クレイオ 「どうです?マスター?」



ボール 「キモくねぇぇ!一体、全体、どういうことだ?」



クレイオ 「どうもこうも、そういうことです、マスターwww」



ボール 「そ…それが………この世の真理だというのか?」




真理の扉

ボール 「うぎゃぁぁぁぁぁああああああああ……………」







~ボールの置手紙~
結局真面目な記事書こうとしても、こうなる。無念。
スポンサーサイト

2010.08.26 Thu l バトスピ雑談 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
いやでも、十分真面目だと思う。
2010.08.26 Thu l バーバー. URL l 編集
No title
>>バーバーさん
もっと、こう、なんというか………
自分の文才の無さに絶望しますねw
2010.08.27 Fri l B.Ball. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://battlespirits7.blog115.fc2.com/tb.php/95-c449553d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。